五條市で観る

賀名生梅林

賀名生梅林

北曽木の丘陵を麓から中腹まで覆いつくす様に2万本の梅が続きます。

2月下旬から3月下旬、さながら雲海のように梅花がほころび、ほのかな香りが、山々を伝うように漂ってきます。

賀名生梅林

純白や淡い紅色の梅花は早春の陽光を浴びて、爽やかで壮観な風景を展開させます。

南朝の悲史を帯びて、雅やかな梅花の色合いは、丹生川の清流に南朝のロマンを映しているようです。

賀名生梅林

700年前の南北朝時代に都を追われた公家たちによって賀名生の梅花が歌に詠まれていることからも、既にこの地の梅が香り高く咲き誇っていたことが分かります。

さらに明治10年頃から果実の収穫を目的として栽培され始め、大正12年東宮殿下のご成婚を記念して5,000本の苗が植えられ、 その後大きく増殖されて賀名生の梅林として知られるようになりました。

賀名生の地名

昔この地は「穴生(あなふ)」と呼ばれていましたが、後村上天皇は南朝が正統でありたいと「叶名生(かなふ)」と名付けました。

正平6年(1351年)10月足利氏が南朝に帰順し、多くの公卿や殿上人が賀名生に参考候して北朝が否定されたので、 翌正平7年の正月、後村上天皇は「願いが叶って目出度い」との思し召しから「賀名生」と改める勅書を下されたと伝えられています。

当時は「かなふ」と呼ばれていましたが、明治の始めになって呼び方を「あのう」に統一しました

五條市ウォーキングガイド
五條市観光ボランティアガイド
交通・アクセス
フォトコンテスト入賞作品 五條市観光協会facebookにて公開中
JR五条駅前観光案内所
GOJOMAP五條市観光案内所 他にて無料配布中!!
吉野川活性化プロジェクト
五條市観光協会が提供する五條市の観光案内サイト「GOJOMAP」
五條市マスコットキャラ「ゴーカスター」
五條市観光協会へのお問い合せはコチラ
マップ・申込書ダウンロード
お役立ちリンク
サイトマップ
辯天宗
五條市唯一のシティホテルです リバーサイドHOTEL
旅宿やなせ屋
犬飼山 轉法輪寺
幸せ運ぶ住まいづくり 株式会社 平和技建
柿の葉ずしヤマト
(株)柿の葉すし本舗たなか
すべてはお客様の安心のために よしの保険
タクシー・バス・旅行手配 五條二見交通
あだみね高原(イチゴ狩り)
環境に優しく、人に優しく 株式会社田原建設
社会福祉法人 祥水園
このページの先頭に戻る