口腔の保健・衛生(予防)

8020運動とは

      新聞紙面・雑誌等で、時々8020運動について、広告をご覧になられたと思います。
     社団法人日本歯科医師会が、厚生労働省の後援によって世界一の長寿を誇る日本人の
     健康保持・さらに増進を求めて全国に展開している啓蒙運動です。8020とは、80歳になって
     も健康な状態で20本以上の自分自身の歯が残存し、老後の食生活を楽しみながら明るい
     人生を過ごせるようにしましょう。

、 

      人類(ホモサピエンス)の崩出する口腔内の歯の数は下記の通りです。
      
(例外もあります。)

 乳  歯   20本 原則として永久歯と置換する。
 永久歯   20本 俗に言う親知らず歯を(上下左右を含める。

日本人の平均寿命
(厚生労働省平成16年度表)

 簡易生命表より  昭和22年  平成16年
 男性の平均寿命  50,06歳  77,64歳
 女性の平均寿命  53,96歳  85,59歳
  男女の差   3,90年   6,95年

国際比較はこの文字をクリック

◎口腔内の多発性疾患
口腔内では、う歯(齲歯・むし歯と歯周病(所謂歯槽膿漏)が多発性疾患です。     
平素からブラッシング・洗口など、口腔内を清潔に保つことによって予防することができます。
又間食・蔗糖を含む飲料は規則正しく摂取し、その後、洗口するよう注意しましょう。
     

う歯(むし歯)の予防
ブラッシング      
フロッシング      
間食の摂取方法   
口腔内の定期的管理


歯周病歯肉疾患の予防
ブラッシング      
フロッシング      
歯石の除去       
歯肉の定期的管理  


有床義歯の調整と指導
義歯(入れ歯)の不具合は我慢をしてはいけません。
上下顎の義歯の咬合(噛み合わせ)は平素から使用の慣れから顎骨吸収によって
悪くなっていても自覚できないことが多く、顎関節症、頸椎・胸椎・腰椎等の脊柱に
障害の影響(例えば、椎間板変形による神経障害等)をおよぼします。       
◎個人差はあります、が主治医のもとで定期的に(6ヶ月または1年に1回ごとに、
義歯の調整と指導を受けるよう、お奨めします。                  


トップhttp://www.gojo.ne.jp/hirai/ へのリンク

平井歯科医院のページ