ジャワ舞踊の会 冨岡三智 活動履歴 2000-2004年

 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 元のページに戻る


ooba2000(平成12)年の活動…

●2000年1月22日(土) 「バリ、ジャワの宮廷舞踊」にて踊る
場所: 岸城神社戎殿(岸和田市)
演目: Srimpi Anglirmendung完全版の前半を単独で上演
共演: 松居知子、大坪紀子(バリ舞踊)
主催: 岸城神社定期演奏会実行委員会

●2000年2月12日 再留学のためインドネシアへ渡航

●2000年8月1〜14日 通訳・東京音楽大学社会人講座「ガムラン音楽教室」インドネシア研修
主催: 東京音楽大学付属民族音楽研究所
場所: 芸大スラカルタ校STSI Surakarta、他
この大学では社会人のためのガムラン講座があり、2年に1度インドネシア研修があります。

                                                         最初に戻る
ooba2001(平成13)年の活動…

●2001年7月17日 自作「妙寂」初演
場所: Ngringo Indah, Karanganyar
主催: Sanggar Negeri Suket
演目: Myojaku Asmaradana Eling-Eling

Sanggar Negeri Suketとは…
代表はスラメット・グンドノ Ki Selamet Gendono。Ngringo Indahという、スラカルタ郊外の住宅地には彼の他にも芸大スラカルタ校教員が多く住んでいます。その人たちが中心になった活動で、助成を得てその住宅地の空き地に竹で簡素なプンドポを建て、2001年1月~12月まで毎月、定例公演を行いました。グンドノさんの一連の舞台作品Wayang Suket(藁のワヤン)もここで初演されています。

●2001年10−11月 S.Pamardiを日本に招聘。
留学先のSTSI Surakarta校教官・舞踊家のPamardiと仲野恵子との
コラボレーションが今回の主目的。その後関西でワークショップ、研究実験、
講演を行う。私はこれらの企画のアレンジ・アテンド・通訳。

10.24-25 仲野恵子&ダンスミュージアム山羊公演「未知の贈り物」/国際交流基金フォーラム
10.26   ワークショップ/サンガール・パムンカス主催、新宿文化センター
10.28   レクチャー&ワークショップ/ジーベックホール(神戸) ▲
10.29   レクチャー&ワークショップ/近畿大学文芸学部演劇芸能専攻
10.29   モーションキャプチャ実験/立命館大学アート・リサーチセンター
10.30   レクチャー&ワークショップ/立命館大学アート・リサーチセンター ★
10.31   S.Pamardi講演会/桃山学院大学総合研究所 ■
11. 1   レクチャー&ワークショップ/相愛大学

▲ ジーベックホール・チラシ
★ アートリサーチセンター・チラシ
     この成果を以下の報告書にまとめました。
   「『ジャワ舞踊における伝統と現代  ―レクチャー&ワークショップ』 講師:シルベスター・パマルディ」、
   『アート・リサーチVol.2』 pp.15-19、2002.3 立命館大学アート・リサーチセンター
■  この講演原稿を翻訳しました。
     「S.Pamardi『スラカルタ様式の舞踊―クラトン(宮廷)の中から塀の外へ―』」、共訳・冨岡三智・深見純生、
   『国際文化論集NO.26』 pp.101-121、2002.7 桃山学院大学総合研究所
   

                                                        最初に戻る
ooba2002(平成14)年の活動…

●2002年1月24日 Srimpi Lagudhempel(完全版)を踊る
公演名: "Gelar Tari - Empu Tari Surakarta dengan Mahasiswa Pascasarjana Program Penciptaan Seni Tari
       Smt 1 STSI Surakarta"(公演 ―芸大スラカルタ校大学院舞踊創作専攻1年前期学生と舞踊師匠が踊る)
主催: STSI Surakarta, Pascasarjana Program Penciptaan Seni Tari
場所: Studio Sono Seni, Kemlayan, Surakarta ※サルドノ・クスモ所有のスタジオ。プンドポがあります。
プログラム / 踊り手:
     "Srimpi Lagudhempel" / Sri Sutjiati Djoko Soehardjo, Sri Setyoasih, Saryuni Padminingsih, 冨岡三智
     "Panji Kembar" / Dwiyasmana, Bambang Tri Atmadja
     "Menak Koncar" / S.Maridi, Darmawan Dadiyono, Joko Tutuko
     "Wireng Janaka Supala" / Samsuri, Bambang Suryono
     "Harjunasasra Sumantri" / Hartanto. Dimas Agus Widodo
演奏: "Musik Pagyuban Sono Seni", Kemlayan, Surakarta
      後の"Marsudi Renaning Manah"です。2007年6月28日、私のブドヨ公演の演奏をしてくれました。

●2002年7月9〜12日 仲野恵子ワークショップ&公演の制作

2001年にPamardiを日本に招聘し共同制作したモダンダンスの仲野恵子さんが、今度はインドネシアで公演することになり、
私が制作しました。大学は7月15日が創立記念日ということで、創立記念の一環行事に組み込んでもらいました。

7月9〜11日 10:00−ワークショップ、STSI Surakarta, Teater Besarにて
7月12日    20:00−公演、STSI Surakaruta, Teater Kecilにて
STSI創立記念行事の一環として
寄付: ソロ日本人会有志
       

報道歴
2002.7.11  Bengawan Pos紙、「日本の舞踊公演 仲野恵子」
2002.7.11  Solopos紙、「仲野恵子 STSIで公演」
2002.7.14  Bengawan Pos紙、「仲野恵子がソロで舞踊公演」
2002.7.15  Bengawan Pos紙、公演写真のみ
2002.7.15  Wawasan紙、「仲野恵子の作品を公演 桜の国からその一瞬一瞬を」
2002.7.15  Meteor紙、「STSI創立38年記念 『月からの風』 仲野恵子の自己表現」
2002.7.16  Solopos紙、「風になり、恵子もまた揺れる」
2002.7.20  Jakarta Pos紙(全国紙、英語)、 「ダンスコラボレーション、異なる2つの精神を融合」

●2002年12月31日 TBS大晦日公演にて自作「陰陽ON-YO」初演
場所: Arena, Taman Budaya Surakarta
この作品は本来デュエットとして振付。Sri Ningsihが相手役。

→2003年1月?日 SOLOPOS紙に記事掲載
 "Tahun Baru di TBS, dari sulap hingga musik latin"

                                                        最初に戻る
ooba2003(平成15)年の活動…

●2003年1月31日(金)、2月1日(土) Darmaning Siwiに出演

主催: Djoko Tutuko (芸大スラカルタ校舞踊創作専攻修了制作公演)
場所: Studio Sono Seni, Kemlayan, Surakarta
プログラム / 踊り手:
     1. "Retna Pamudya" / Retno Maruti
     2. "Sri Pamoso" / Sulistyo Tirtokusumo
     3. "Dharmaning Siwi" / Sri Setyoasih, Saryuni Padminingsih, Hadawiyah Endah Utami, 冨岡三智
                     Ari Kuntarto, Hartanto, Ali Marsudi, Susiwi Hadinoto

修了制作公演を主催するDjoko Tutukoは私の師Sri Sutjiati Djoko Soehardjoの長男にあたります。そして1.と2.の作品の振付家であるKusumokesowoは彼の祖父にあたります。Djoko Tutuko自身はスラバヤ教育大学でジャワ舞踊を教えています。

公演では、彼の祖父から母、そして自分へと至る3代の舞踊の系譜をテーマにしています。そのため、彼の祖父の弟子(1.と2.を踊った人)と、私を含めた彼の母親の弟子が出演しています。1.と2.についてはKusumokesowoの作品で、1.は普及している短縮版ではなくて完全版、2.はこの公演で復曲された作品です。3.がDjoko Tutuko自身の作品です。

この公演については、「水牛」2003年3月号2003年4月号で詳しく書いています。

撮影:Boy
冨岡三智 ジャワ舞踊 ダルマニンシウィ 公演

●2003年2月4日 Darmaning Siwi録音
主催: 冨岡三智
内容: Retna Pamdya完全版、Sri Pamoso、Darmaning Siwiの3曲
     これは1/31、2/1の公演の曲です。今回は私がスポンサーとなって録音しました。
場所: Studio 19, STSI Surakarta

●2003年2月13日 インドネシア再留学を終えて帰国

●2003年4月 大阪市立大学大学院文学研究科前期博士課程アジア都市文化学専攻入学

●2003年7月20日〜9月8日 インドネシアへ短期渡航

●2003年7月〜8月 STSI Surakartaを中心とする舞踊教育調査
主催者: 中村美奈子氏(お茶の水女子大学専任講師)
助  成: (財)稲盛財団研究助成「大学の舞踊教育における身体文化の
       継承と創造〜台湾とインドネシアの事例研究を通して」

●2003年10月2〜13日 通訳「アジア現在演劇コラボレーションプロジェクト」
場所: 群馬県川場村
企画制作: 世田谷パブリックシアター

●2003年10月23日 モーションキャプチャ実験
場  所: 立命館大学アート・リサーチセンター
参加者: 中村美奈子(お茶の水女子大学専任講師)
       S.Pamardi(STSI Surakarta教員)
Pamardi氏はアセアン共同制作「Realizing Rama」公演のために来日。
インドネシア教育省、日本の外務省の許可を得て実施。

●2003年11月18日 Dance Circus24 にて踊る
場所: dance theater dB
主催: NPO法人Dance Box(大阪市)
演目: 自作「妙寂 Myojaku Asmaradana Eling-Eling」

                                                      最初に戻る
ooba2004(平成16)年の活動…

●2004年1月15-16日 通訳「JCDN国際クリエイティブレジデンシープロジェクトアジア編」
場所: Art Complex 1928(京都)
主催: NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)
趣旨: Mugiyono Kasido ムギヨノ・カシド(インドネシア)×砂連尾理 公演のアフタートークのインドネシア語通訳

●2004年2月12日(木) 桃山学院大学インドネシア研究会にて報告
場所: 桃山学院大学
話題: 「共同体儀礼と踊り(ソロの場合)」

●2004年3月18日(木) 三浦國雄先生退官記念講義・レセプションにて踊る
場所: 大阪市立大学
音楽: アジア都市文化学専攻の学生が演奏するWiljeng(つつがなくの意味)

●2004年4月22日  奈良新聞地域総合版「ひと往来」に写真・記事掲載
 「ジャワ舞踊の会を始める 冨岡三智さん(37)」

●2004年4月24日(土) ジャワ舞踊の会ワークショップ
場所: さざんかホール(大和高田市)
時間: 13:00−21:30

●2004年5月 ビデオ映像作品の字幕翻訳
「ジョグジャカルタ・ビデオプロジェクト2005年公開作品」
制作: 大阪市立大学都市文化研究センター (代表:石田佐恵子)
内容: インドネシア国立芸術大学ジョグジャカルタ校学生によるビデオ作品の字幕翻訳
対象: 「足跡をたどる」、「日曜日の王宮広場」、「ジョグジャカルタの壁画制作」、「AYIS」

●2004年5月5日(水・祝) 「P.P.P.P.C.B.N にっぽんマイノリティまつり」にて踊る
場所: cocoroom(フェスティバルゲート、大阪市)
演目: Srimpi Gambirsawit完全版を単独で上演 (ピストルを使用)

●2004年5月31日(日) かげろう座にて踊る
場所: かげろう座NTT前舞台、駅前舞台(五条市)
演目: Gambyong Gambirsawit、Sukarena

●2004年7月4日(日) 飛鳥にて「ジャワ舞踊体験と鑑賞」
場所: 国営飛鳥歴史公園石舞台地区
内容: サンプールを使ってのジャワ舞踊体験、舞踊実演(Retna Pamudya完全版)
※夢プラン事業

●2004年7月5日〜8月27日 インドネシアへ短期渡航

●2004年9月6日(月) 立命館大学ゲストスピーカー
場所: 立命館大学文学部 講座: 夏季集中講座「アジアの言語と文化」
内容: インドネシア語、ジャワ舞踊の話、舞踊の実演(Srimpi Gondokusumo完全版の前半)

●2004年10月24日(日) 「万葉のひろば」出演
場所: 奈良県立万葉文化館・野外ステージ
演目: 「陰陽 ON-YO」
※ 奈良県芸術祭参加イベント

●2004年11月28日(日) 「大野一雄の宇宙と花 〜大野一雄氏へのオマージュ〜」
場所: Art Theater dB
主催: NPO法人DANCE BOX
趣旨: 公募で選ばれた関西アーチスト22組による大野一雄氏へ贈るダンス短編集。(大野一雄氏も来場)
演目: 「陰陽 ON-YO」から gadung melati〜Anjang Mas〜kemanak (8分)を抜粋

                                                         最初に戻る
                                        
冨岡三智 活動履歴 2000-2004年

2000年 2001年 2002年 2003年 2004年

元のページに戻る

buroko