このページではボランティアで民謡の慰問を行っている古里民謡同好会の活動を紹介しています。 また、民謡慰問のご依頼も受け付けております。 古里民謡慰問団:     琴古流尺八の師範で八尾市在住の古里晴源氏を中心に彼のお師匠さん仲間と     お弟子さん達で結成された民謡の慰問団     主に老人ホームでの民謡の慰問を行っています。
慰問の紹介:(これまでの慰問の一部を紹介します。) 7月  日(日)「まきの苑」(五條市)で民謡慰問。(以下に記事のみ紹介)('97.7. ) 3月22日(日)「まきの苑」で第2回目を行いました。('98.3.22) 6月21日(日)「博寿苑」(橋本市)の民謡慰問は中止('98.6.21) 6月28日(日)「祥水園」(五條市)で民謡慰問。  ('98.6.28) 7月25日(土)五條市の商栄会祭りに参加      ('98.7.25)
五條市での第1回目の慰問:     昨年、'97年7月に五條市の老人ホーム「まきの苑」で入居されているお年寄りたちに   民謡の慰問をさせていただきました。(第1回目)   古里氏ら、総勢11名(内子供3名、スタッフ2名)で昼食後の一時を民謡と子供たちとの   童謡の合唱で楽しんでいただきました。   演奏者は尺八2名、三味線2名、太鼓1名で各々踊りなども披露しました。   開演前、お年寄り一人一人に手ぬぐいとティッシュペーパー1箱をプレゼント。   (ホームで生活するのに邪魔にならず、使っていただける物と言う事でお土産に持ってきました)   演奏が始まるやいなや踊る人、手拍子をする人、口ずさむ人、など短い時間ではありましたが   お年寄りたちには楽しんで頂けたのではないでしょうか。   特に最後の子供たちとの童謡の合唱では多分自分たちのお孫さんをダブらせて   見ているのでしょうか涙する人もおられました。   終了後、お年寄りの方に「有り難うございました。」と合唱されたのには少々、戸惑いました。
   3月22日(日)に「まきの苑」で第2回目を開催しました。    '98年「まきの苑」のページ
慰問依頼のお知らせ

   奈良・大阪他近県の方へ

   このページをご覧になって民謡の慰問の依頼がありましたら小生、櫻本までメールを下さい。
   費用は一切いりません。すべてボランティアです。
    (とは言ってもお昼ご飯を出して頂けたらうれしいです。(正直な話・・))
   ただし、老人ホームなどの団体でお願いします。

   また、日時などは、ご相談で。(お師匠さん達のスケジュールがありますので)
    (ご依頼がありましても諸処の事情でお受け出来ない場合もあります。あしからず)

   メンバーは常時5名から7名で他スタッフ3名と子供3.4名です。
   演奏時間は約45分〜60分です。(お年寄りにはこれ以上長いと眠ってしまうそうです。)

   用意していただく物は
   マイクなど、そして演奏できるスペースの部屋、衣装替えできる部屋などです。
   また、合唱に使うための童謡(赤トンボなど)の歌詞を人数分コピーしていただきます。

   詳しくは小生までメールをいただきましたら折り返し小生、櫻本か古里晴源がお電話させて
   いただきます。

sakura25@gojo.ne.jp